排尿痛

 急性膀胱炎:女性に多く、頻尿(おしっこが近い)、血尿(おしっこに血が混じる)、排尿時の痛みが主な症状です。

  抗生剤治療あるいは無治療でも数日以内に完治することがほとんどです。高熱や倦怠感などの全身症状、背部痛などを伴う場合には腎盂腎炎し重症化しますので速やかに受診してください。

 前立腺炎:尿道から侵入した細菌によって起こる細菌性前立腺炎と非細菌性前立腺炎があり、いずれも排尿時の痛み以外に、頻尿、会陰部(陰嚢と肛門の間の部位)や下腹部の不快感や痛みなど多彩な症状があります。

  • 細菌性前立腺炎:発熱や倦怠感などの全身症状を伴います。

  • 非細菌性前立腺炎:前立腺に慢性の炎症が起こる病気で、長時間におよぶデスクワーク、乗り物移動、運転などで、前立腺が振動や接触などの刺激を受けることでおこります。ストレスや運動不足で再燃を繰り返す治りにくい病気です。

 

 尿道炎:排尿時痛は細菌感染や尿道の粘膜に傷がついたことが原因で起こります。クラミジア尿道炎、淋菌性尿道炎などの性感染症で起こります。自覚症状のない場合もあります。尿道炎は尿道狭窄の原因の一つです。

 その他:尿道結石、間質性膀胱炎、膀胱や尿道の悪性腫瘍などの特殊な疾患が排尿時痛に関与します。

八戸市江陽二丁目13−45

電話 0178-38-8505(代表)

   0178-38-8507(予約)

FAX 0178-38-8506